×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



オリジナルボイスドラマサークルpipoworld.の裏側を不定期で配信させて頂きます。







13/07/03

7/3〜7/4に掛けて札幌のスタジオさんで次回作の収録を行いました。1日ずつ行ったわけではございません 1 8 時 に ス タ 入 り し て 、 外 に 出 た の が 朝 の 3 時 だ っ た ん で す 。
わたしの計画性の無さが…露見した…スタジオ収録となりました…9時間って!9時間って!!
予定を大幅にオーバーした中でも快くお付き合い下さったキャストの皆さん、エンジニアさんには頭があがりません……宅録畑の人間には未知すぎる領域でした…
もしまたこういった機会を頂くことができるのならば、今回の反省点を色々と生かし、もっとスタイリッシュにコンパクトに頑張りたいと思います…_(:3ノ∠)_
でもでもでもでも、収録ブースの外でエンジニアさんともお話しさせて頂いたのですが、やっぱり役者さんってすごいや…!生でお芝居を聴けるなんて本当に贅沢な体験でした…

と いう訳で御座いまして。まだ企画サイトの方には詳細をあげておりませんが 次回秋Mにて(もし受かれば)『アルカナと魔女disc02』の他にもう1作、絵本作品を発表できそうです。
以前アルカナ視聴後アンケートのお礼にto-tiさんと制作したweb絵本が予想以上に楽しくて、作ってみた後で「ああ自分はこういう作品を作りたかったんだ」という気付きになりました。むかしから絵本作品が大好きで、大人になった今でも児童書コーナーにはよく足を運んでいる私です…
ブツとしてはカラー同人誌のような形になるのか、絵本のような形になるのか、もしくはカタログのような形になるのか…まだまだ思案中ではございますが、今から胸が高鳴ります。
近いうちにキャスト1名・エキストラ4名の募集をツイッター上で行わせて頂く予定です。もしもご興味のある方がいらっしゃいましたら、是非に。
ちなみに、主人公は右腕です。「〜さんの右腕的な存在」というのではなく。キャロルという少女から切り落とされた右腕が、ガラクタのお城のなかで一人の少年と出会う、心温まるおはなしです。心温まるおはなしです。







13/06/26
ご無沙汰しておりました。
春Mにて頒布させて頂きました『アルカナと魔女』につきまして、視聴後アンケートを実施させて頂いております。
ご協力頂いた方には、最後に細やかながらお礼のページをご用意致しましたので宜しければ是非。また一風違ったアルカナと魔女の世界をご堪能頂ければと思います。
http://enq-maker.com/anJGUUy



ストーリーやキャラクターの心情動向など色々と語ってみたい気もしつつ、それをおおっぴらに公開するのは作者のすべき事ではない気もして。
今はただ「秋Mに向けてdisc02の制作を頑張っています」とだけボソボソ呟いてみたりする感じです。

秋に頒布予定のdisc02では、01ではちょこっとだけ出てきて謎の存在で終わった好太郎さん演じる“バッカス”や岡松さん演じる“ルーベウス” くなぎさん演じる“オルテウス”もガツンと登場致します!オルテウスなんかはdisc01の最後10分程度の登場だったにも関わらず、アンケートではやけに応援の声を頂き嬉しビックリな感じです。
01と02では作品の雰囲気が少々異なるため、はたして01を気に入って下さった方に02も同じように楽しんで頂けるのか……(´・ω・`)
少々不安を覚えてはいるのですが、キャストさん(エキストラも含めなんと総勢20名ですって!)方の気持ちと命のこもったお芝居や、作品の雰囲気をよく汲んで下さる編集・イラストの力で私は日々幸せな思いをさせて頂いております。早くひとつの形になるといいなあ。

クオリティの高い素晴らしい作品が溢れる世界ですし、ポッと出の私は自分に見合ったサイズで、ただただ楽しく制作できたらいいなぁと最近ぼんやり思ったり。
難しい事を考えるのはむかしから不得手ですし、高みを目指したり、まわりの評価を勝ち得ようとするのは正直大の苦手です。ようはチャランポランな人間なんです。クズだなぁって思われながら生きていたい。
でも現実世界ではそんなこと言ってられないし、やることはやらなきゃ居場所を失ってしまう。
社会の中で人並みに生きていくためには、常に進化して、新しいことをして、バイタリティに富んだ姿を見せなくてはいけないような気がして。
それが当然のようにできる人が、私はとてもうらやましく思う反面「大変そうだなぁ」と思ったりもして。
皆が前を向いて、高いハイヒールを高鳴らせて、シャッキリしたお顔で歩いていくのを、私はただ後ろの方でじっと座ってみていたい。 地面は誰かが踏みしめないとシッカリした土壌にはならないけれど、もしそのあとに小さな花が芽吹くのならば、私はそれにお水をあげたい。
その場から動けず、過去のものに捕らわれながら生きる自分のことを心底くだらない人間だなぁと思って生きてきたわけですが、そんな私にもなにか価値があるのなら、とてもとても嬉しいなあー








13/04/30
M3-2013春、参加された皆様お疲れ様でした!
以下、イベ前日〜当日のレポートとなります。一部レプリカではございますが眼球を写した画像が含まれます。苦手な方はご注意ください。





イベント本当に楽しかったです!
今回はイベント前日の28日の夕方の便で東京に行って参りました。お昼過ぎまで永延ポストカードを印刷しておりました。
出発直前に偶然編集の渡瀬さんとチャットをする時間ができ、元気よく行ってきますのご挨拶。この段階で編集は(一応)すべて終了しておりましたが、 音量調節とCDの焼き作業はまるまる手についておりませんでした。。。

羽田に着いて少しのんびりしていると、今回イラストでお世話になったto-tiさん・いつもイベントの際売り子のお手伝いをして下さる志仁さんが 迎えに来て下さいました。重たい荷物(トールケース数十枚/ディスク含)も一緒に持って頂きとても助かりました。

ホテルの最寄駅まで移動し、精霊2を演じてくださった冴島さんとも合流。to-tiさん、志仁さん、冴島さんが今回のホテルご一緒組 またの名を 「ピポワに寝かせてもらえない人々」です。以前別名義でイベントに出ていた折りからずっとこの方々にお世話になりっぱなしの私です。本当にありがとうございます……




腹が減っては戦はできぬ、という事で作業の前に一先ずごはん。とりあえず肉でしょ!ということでKFCでお肉のパックを買ってもぐもぐ。 外に食べに行く余裕は御座いません。地面にのめりこむ勢いでごめんなさいの姿勢を取りつつ頂きました。スーパーで購入したお野菜やお惣菜、イチゴなんかも一緒に 頂いて「なんか友達の家に遊びに来たみたいだねー」なんて話しておりました。ホテル自体がマンションを改装したような出で立ちなので、余計そう感じたのかもしれないです。

ひとしきりお腹が満たされたところで各々作業に取り掛かります。


ケースに巻くオビを制作中のto-tiさん。
「作品にオビを巻いてみたい」という私のふんわりすぎる要望をとても素敵に叶えてくださいました。紙のチョイスからデザイン、スタンプの制作まですべてto-tiさん プレゼンツです。



サプライズで、サークルロゴのスタンプもご用意下さいました。デパ地下の包装紙みたいで本当に可愛らしいです。紺地に白のスタンプで、とても素敵。
B5サイズの紙一杯にto-tiさんがスタンプを押すと、とある件でお裁縫をされていたで志仁さんが、同時進行でオビのサイズに裁断していって下さいました。お二人の息ぴったりの作業に 冴島さんと2人で感嘆の息を漏らしてしまいました…



ケースに巻くとこんな感じに。黄緑×濃紺のコントラストが美しいです…
「どうなるかなと思ったけど予想以上に可愛い!」とto-tiさんとキャッキャッ。なんだか少し漫画の単行本みたいでとてもお気に入りです。



冴pipoは音声の微調整を済ませディスクの焼きこみ作業に取り掛かります。冴島さんがわざわざご自宅からパソコンを持参して下さったので 作業スピードがいつもの2倍!これによりいつもはイベント当日ホテルを出る直前まで掛かりきりのこの作業がものの数時間で終了し、大変助かりました。
諸々の作業が終了し、朝方3時半には完全解散。一応0時を過ぎた段階で『眠気を感じた方からお休みください』とお伝えしたのですが 誰一人苦言を漏らさず、最後までずっと一緒にお手伝い下さいました。この方々がいらっしゃらなければ本当に大変だったと思います。 何度お礼を言っても足りません。いつも快くお手伝いをして下さって本当にありがとうございます…(´;ω;`)!


イベント当日。
サークル入場が9時に開始するので、30分前にホテルを出ました。会場まで徒歩30分ほどだったでしょうか。4人で荷物を分担しテクテク歩きます。
暫く経ったのちとんでもないミスに気が付きました。釣銭を入れた容器をホテルに置いてきてしまったのです。出発前にあれほど持ち物チェックをしたはずなのに…!
イベント前の緊張も手伝いかなりアタフタしてしまったのですが、皆さんに優しいお言葉を頂き、冴島さんが1人ホテルに戻って下さることに。冴島さんその節は 本当に本当にありがとうございました…



入場後、スペースと事前搬入したディスプレイ用品を確認しすぐに視聴コーナーへ。今回は比較的手前の方にCDを設置させて頂くことができました。
その間にto-tiさんと志仁さんは、私の写メを元にスペース設営をして下さいました。「はやく戻って作業を代わらなければ!」 と視聴コーナーから戻った時にはもうほとんど設営が終了しており…お二人のお仕事の速さには頭が上がりません…



今回のピポワスペースのディスプレイはこんな感じ。カントリーさを演出したつもりだったのですがいかがでしたでしょうか…
「家」や「あかり」「瓶詰の眼球」などストーリーに関係するアイテムを散りばめました。一般参加の方に 「すごいアルカナの世界観ですね!」と言って頂く機会があり、少しニンマリしてしまったのは秘密です。



裏っ側はこんな感じ。通路側からは見えませんが、箱の後ろにも眼球が描かれていました。




眼球は全てto-tiさんのお手製です!すごく可愛い!大小合わせ8つほどあったのですが、イベント終了後記念にプレゼントして頂きました(*´∀`*)
眼球の、あのツルリとしたフォルムがたまらなく大好きです。頂いた眼球はほんのりすべすべしていてとってもキュート!



そしてそして…設営終了後、ついに志仁さんがカバンからある物を取り出しました。
皆様ご存じの通り、前回のM3までコスプレはサークル参加・一般参加問わず全面的に禁止されていたのですが、今回のM3よりサークル参加者のみそれが解禁されたのです。
と、いうわけで…



ご覧ください、ゼシルシアです。
※御本人より掲載の許可を頂いております
前日ホテルで行っていたお裁縫は、この衣装を制作されていたんですね!
80cm以上ある真っ白なウィッグ、同じ色のお手製つけまつげ。お写真では伏せてらっしゃいますが、瞳には青のカラコンを装着されております。
これ全て…たった一日で準備されたものです……志仁さん半端ないです……
イベント中は色々な方に「ピポワさんがまさかの」「ゼシルシアがいる!」「セシルー!」等お声を掛けて頂きました。私が一番興奮していた自信があります。 うるさくてすいませんでした!
自分の作品でコスプレをして頂く日が来るとは夢にも思わなかったのでものすごく感動致しました!本当にきれい……(;ω;)





ひと段落つき、10時半にいよいよ会場のアナウンスが掛かります。四方から鳴り響く拍手は何度聞いても心にジワーッと来てしまう私です。
会場してすぐにスペースにお立ち寄り下さった方が何名もいらっしゃって感謝感謝でした。例の\アルカナ有るかな〜!?/にも、ほとんどの方がチャレンジして下さって とても嬉しかったです。条件が元気に・可愛くだったため多い方では3度以上リテイクを要求してしまいましたこと 今更ですがお詫び致します。でも、お話しのキッカケを頂けて緊張しいの私にとってはとても有り難かったです…(*・ω・*)ポストカードは午前中のうちに全て捌けてしまいましたので、秋にはもう少し多く刷っていこうと思っております。(性懲りもなくまたやるつもりです)

今回ピポワとしては初めてのサークル参加という事・また自分言うのもなんなのですが、かなりイロモノな題材ということで、(勿論制作自体は大変楽しんで取り組ませて頂きましたが)一体どれだけの方に作品を手にして頂けるのか全く想像がつかず、不安な気持ちで一杯でした。



本当にありがとうございました。秋Mの在庫用に少し余らせるくらいの気持ちで作った部数が、午前中で全て捌けてしまいました。途中何度か列もでき、ひよっこサークルの私はとても感激でした…
ビックリして、信じられなくて、ホッとして、何とも言えない気持ちになりました。午後に入っても沢山の方がお越し下さって申し訳ないやら嬉しいやら……やっぱりとても嬉しかったです。 秋には少しだけ増版も考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。
to-tiさんが書いて下さったこの完売おしらせの紙はファイルに入れて大切に持ち帰ってきました。私の宝物にしますこれ…

そんなこんなで当初の予定ではイベント終了時間まで会場にいる予定だったのですが、ご予約のお渡しが全て終了した段階でピポワは会場撤収とさせて頂きました。15時にはもう会場を出ていたのではと思います。
一応ツイッターでお知らせはさせて頂いたのですが、撤収後にご来場された方から「スペースがもぬけの殻だった」というお言葉を数件頂きました…せっかくお立ち寄り頂いたのに本当に申し訳ございませんでした! 秋では絶対ご挨拶させて頂ければと思います><…!



そんなこんなで、ピポワ初参加のM3無事終了致しました。
色々な方とお会いし、お話しさせて頂き、とても有意義な一日を過ごさせて頂きました。スペースの数だけ情熱があるのだと思うととても嬉しく、同時に気が引き締まる気がしました。
秋Mに向け、これからも精一杯制作に励みたいと思います!
また、2日に渡って最後の作業をお手伝い頂いたto-tiさん・志仁さん・冴島さんに、心からお礼申し上げます。
前日のホテルでは作業は勿論、次の日に向け沢山の心強いお言葉も頂き大変心強かったです。4人であの日を過ごせてとても幸せでした。また、イベント当日も売り子スタッフとして沢山お世話になりました。
作品に関わって下さったキャストさんや編集の渡瀬さん、イラストのto-tiさんは勿論、志仁さんも大切なスタッフのお一人だと思っております。

皆さんのお蔭で、今回無事disc01を頒布することが叶いました。大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。本当に本当にありがとうございました。
一休みをしたら、半年後の秋Mに向けdisc02の制作に取り掛かろうと思います。今回以上の作品に仕上げられるよう、精いっぱい取り組ませて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します!
とりあえず、近いうちに北海道組の渡瀬さん・なつきさんあたりで美味しいお酒が飲みたいです。梅酒が美味しいお店だといいなぁ・・








C o p y r i g h t ( C ) 2 0 1 2 p i p o w o r l d A l l R i g h t s R e s e r v e d .